9:30~18:30
水曜日
2021年02月11日
不動産(売買)の豆知識

セットバック(道路中心後退)とは?私道の権利は?固定資産税は?

建物を建築するときに適用される「建築基準法」では、その敷地が接する道路は防災の目的から消防車が進入できる幅にしなければなりません。

建築基準法では、「建物を建てるための敷地は、幅が4m以上、地域によっては6m以上の道路に2m以上接していないと、建物を建築することができない」と書かれています。

最低でも4mの幅が必要になるのですが、

昔のまま整備がされていない地域では、道路の幅が4m未満のところも少なくないので、あるタイミングで拡幅しなければなりません。

 

そこで今日は、「セットバック(道路中心後退)とは?私道の権利は?固定資産税は?」について書いてみたいと思います。

筆、新築一戸建て購入応援「仲介手数料・無料・0円・ゼロ・サービス」の加古川の不動産売買専門会社、未来家不動産(株)みらいえふどうさん代表、清水 浩治

 

セットバック(道路中心後退)とは?

建築基準法では、防災目的で接道義務が決められています。

その内容は「建物の敷地は、幅員4m以上(地域によっては6m以上)の建築基準法に定める道路に2m以上接していなければ建物の建築はできません」です。

道路整備がされていない地域では4m未満の道路が少なくないのです。

 

そこで、建物を建築、あるいは再建築するタイミングで道路の幅を広げるために、道路の中心線から2m(3m)敷地を後退しなければなりません。これが「セットバック(道路中心後退)です。

そうすることで、防災目的である消防車が進入できるようにもなるのです。

 

◆上の図では元々の道路幅は3mです。

◆その幅を4mにするためには道路中心線から2mずつセットバック(中心後退)しなければなりません。

◆片側だけセットバックしても4mにはなりませんが、片側のセットバックだけでも4mの道路幅があるものとみなしてくれます。

◆ただし、セットバック下部分は、建ぺい率容積率の計算から除外されますので、注意してください。

 

※建築基準法に定める道路については、こちらをご覧ください

https://miraie-f.co.jp/contents/314

※建ぺい率、容積率については、こちらをご覧ください

https://miraie-f.co.jp/contents/6674

 

セットバックした土地はどうなるのですか?

セットバックした土地は道路ですので、物を置いたり造ることはできません。

ただ、建築基準法では、セットバック部分の権利(所有権)については明記されておらず、自治体によって次のいずれかになると考えられます。

 

◆所有権は敷地所有者のままで、私道として使用は道路のみに限定される

◆セットバック部分の土地を自治体に寄付する

◆セットバック部分の土地を自治体が買い取る

 

自由に使用できない土地になるなら「自治体に買い取ってもらいたい」と思うところですが、ほとんどの場合、寄付扱いか、そもそも寄付すら受け取らないケースが多いようです。

ですから、自分の敷地でありながら自由にできない部分があるという認識だけは持っておいた方が良いと言うことです。

セットバックした土地を「ここは私の土地だ!」と言い張って、花壇や植木鉢を置いてトラブルになっていますが、本来は違法になります。もちろん、門扉やフェンスの設置、駐車や駐輪スペースにすることもできません。

 

維持管理費用は?固定資産税は?誰の負担?

敷地の一部を道路にするためには、アスファルト舗装したり定期的なメンテナンスが必要になります。

建築基準法に則って地域のためにセットバックするわけですから自治体が全て負担してくれると思うかもしれませんが、自治体によっては補助という形をとっているケースや、負担しない自治体もあるようですので、事前に確認が必要です。

 

また、セットバック部分を寄付してしまえば、固定資産税・都市計画税を払う必要はありませんが、所有権が敷地所有者のままならどうなるのでしょうか。

セットバックした部分は道路として所有者以外に不特定多数の人たちが利用することになり、所有権としての資産価値がなくなりますので、固定資産税の非課税対象となる場合が多いです。

ただし、そのままにしておくと固定資産税を払い続けることになりますので、早めに役所に相談し非課税の申請を行ってください。

 

私の住む街「加古川」をもっと元気に!

加古川に暮らしていただくうえで、大切な子育て支援や地域情報、イベント情報、不動産の売買や税金に対する売主様、買主様の不安や悩みの解決、不動産取引の豆知識などを最優先で発信しています。

もちろん不動産の物件情報も大切ですが、それ以上にお伝えしたい大切な情報がある!と私は、いつもそう思っています。

 

それが、このブログ「未来の家」での発信です!

 

それらの情報をご覧になっていただいた人が、不動産のお取引で失敗や後悔することが無いように、そして、もっと加古川の魅力を知っていただき、永く加古川に住んでいただく人をもっと増やしていきたい、私の住む街「加古川」をもっと元気にしたい!

そんな思いでいます。

 

みらいえふどうさんの「コンテンツ」

この記事を書いた人
清水 浩治 シミズ コウジ
清水 浩治
◆ブログ「 未来の家」では、私の住む街「加古川」の魅力を紹介、不動産に関する豆知識や、トラブル解決など、情報発信を日々行っております。◆「家や土地の物件情報も大切です。しかし、もっと大切な情報があるはず!」と、私は、いつも考えています。◆加古川市で暮らしていただくうえで、大切な子育てや、お役立ち地域情報、不動産の取扱いについて知っていて欲しいことを最優先で発信しています。
store

会社概要

未来家(みらいえ)不動産株式会社
arrow_upward